2019-05-28から1日間の記事一覧

あるいは生について考えたこと

昨年は母が徐々に死んでいったので、死について考えることが多かった。 きっかけのひとつは宮下洋一『安楽死を遂げるまで』で、これは日欧各国の安楽死制度あるいはそれに向かう取りくみについてのルポルタージュだ。わたしは死は選べるものであってほしいと…