読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャスミーカラーを受けてきました

 先日思い立ってカバーマークのジャスミーカラー診断を受けてきたのでそのことについて書きます。

 長年無印の下地とキャンメイクのパウダーで生きてきたのですが、さんざん人様の結婚式に出たあとでいい加減ファンデーションくらい買うべきだと思い、どうせなら診断を受けようとデパートカウンターデビューしてきました。未デビューの方は、きちんとわけがわかりませんという顔をして、されるがままにされることをおすすめします。大体なんでもプロに任せましょう。

ジャスミーカラー診断とは

www.covermark.co.jp

 カバーマークのジャスミーカラー診断というのはjust me color診断のことで、

「人の肌は、表面的な色だけではなく、皮下を流れる血流の色影響(=スキンアンダートーン)が、肌色を決定する大事な要因である」というのが<ジャスミーカラー>理論。

 より動脈血の赤が強くでた肌をイエローベース、より静脈血の色が強くでた肌をブルーベースと分けます。よく混同があるらしいですが、「パーソナルカラー診断とは別」だそうです。ここらへんはBAさんが丁寧に説明してくれるので、説明を読んでいく必要はありません。

 わたしは以前パーソナルカラー診断を受けて、ブルーベース夏だということはわかっていましたので、こちらもおそらくブルーベースだろうなと踏んで挑みました。

事前準備

 服装は

・膝まで腕まくりができるもの(診断で使用するため)

・首周りがあいたもの(顔面全面塗られるので)

 をおすすめします。

 また、目元以外のメイクは全部落とします。下瞼のキワぎりぎりまでBAさんがミルククレンジングで落としてくれるのが最高に気持ちがいい。なのでアイメイクを凝る場合は上瞼のみにしておいたほうが良いかと思います。

 そして財布の中身ですが、後述しますが診断はあくまで診断なので買わなくてもOKです。あとは良心の問題です。わたしは良心と銀行口座が破綻していたので今回は買いませんでした。

0.カウンター着~事前カウンセリング

 診断は、場所にもよるようですがおおむねカウンターでやるようです。なので空いてたら突撃しましょう。私は予約もせずに行きました。どこで知ったか聞かれるので「インターネットで見ました」で通しました。だいたいアットコスメのことだと誤認してもらえます。

 つぎに大まかな説明を受けたあと、カウンセリングシートを書きます個人情報は名前と生年月日だけで大丈夫でした。あとはお肌の悩みやファンデーションに求めるものなどにチェックを入れます。このシートをもとにクリームファンデを勧められました。よくわからないのでBAさんに従います。

1.腕で診断

 で、まずは自分の肌がイエローベースとブルーベースどちらなのかを判断します。

f:id:brxpw:20161205165404p:plain

 こういうふうに市役所のおじさんが腕につけてるやつみたいなのをした上で、手首から関節の手前まで、ファンデーションをイエローとブルー各2色、計4種塗られます。この時点で私は図のようにイエローが肌から浮きました。ただ私は結局ブルーでしたが、BAさんいわく、「塗った色ではなく、周囲の肌がよりきれいに見える色が正解」だそうです。

2.顔で診断

 次にフェイスラインで診断します。クリームファンデーションが瓶から細長いスパチュラで取り出されるので緊張します。BAさんが指でぺぺっと塗ってくれます。

f:id:brxpw:20161205172311p:plain

 ブルーベースの製品6種類のうち、BAさんが選んでくれた3色がこのように並びます。このあたりですでに正解がわかってるんだろうな~という感じがしてきました。どう見ても一番最後に塗った色が明るくもなく暗くもなく、黄色に転びもせず、ピンクになりすぎもせずです。

 というわけで私のより良いファンデーションはBN10だということがわかりました。右からブルーベース(B)の、ピンクより(N)の、10(明るめの色)です。

3.ベースメイク

 さて、診断がでました。普通のカウンターではここでサンプルをもらうらしいのですが、カバーマークはサンプルを用意していないそうです。代わりにベースメイクに移ります。顔面全面をプロに塗ってもらってサンプルとする、という潔いシステムです。

 まずテストした色をクレンジングで落とします。BAさんが「実はこのクレンジングが一番売れてるんですよ」と言っていましたが実によく落ちます。高いとわかりやすく性能が良くなるのがコスメのいいところです。そのあと高い化粧水と高いクリームを塗ってもらいます。どれだか忘れましたが翌日朝起きたときにまだ効果が続いていました。高い。

 そして下地→ファンデ→コンシーラー→パウダーとフルラインで仕上げていきますが、額は塗られません。変化を比べるためにそのままにされるそうです。

 ここでもトラブルや悩みについてのチェックシートを参考に、何種類かあるものの中から仕上げられていきます。任せましょう。わたしは生来の血行不良でクマがひどいのでそれも頼みましたが、プロに任せるとびっくりするほど明るくなります。最後にリップカラーをサービスしていただいて終了です。

4.終了後

 終わったあとにパンフレットに今日使った商品をマークしてもらえます。この日はあくまでテストなので商品を買うように勧められるようなことはまったくありませんでした。BAさんは4時間後に崩れてないか確認してくださいね、とすごく快く送り出してくれました。すごくいい人でした。

 そのあとは新宿~渋谷間を歩いたりと明らかに普段やらないことをやった上に、小春日和だったものでかなり汗ばみましたが、圧倒的に崩れませんでした。めがねユーザーなのでさすがに鼻あて部分はヨレましたが、そこだけ薄く塗るなどの対応でどうにでもなりそうでした。

 やっぱりコスメは高いと強いです。確かにプチプラでもいい商品はたくさんあるのですが、自分にあうか試さないとダメだし、値段なりにハズレも多い。一方高いところでプロに選んでもらうのはほぼ確実に正しい。自分のような身辺に時間や手間をかける気がない人間は、こういった診断やパーソナルカラー診断を元にして、なるべく面倒をかけず購入するのが正解のひとつかなと思いました。

 ということで今度まとまったお金が入ったら一式買おうと決意をして、帰りに100均一で500円玉貯金のための貯金箱を買いました。

 レポートは以上です。お疲れさまでした。